不動産投資と防災情報の利用の必要性

不動産投資

不動産投資と防災情報の利用の必要性

不動産投資と防災情報の利用の必要性

不動産投資では、今まではあまり防災関係の知識は考えていなかったということですが、最近の東北や熊本の震災などを目の当たりにすると、不動産投資の物件の購入では、地震や津波などの防災面の情報も条件に入るということになります。
各自治体の防災情報などもありますので、それらを利用したり、地盤などを調べる場合には、それらの公的機関の防災情報とともに、図書館になる古地図などを調べてみるのも無料でせきます。
またインターネットも膨大なデータの図書館のような存在ですので、常に地域の中での災害の可能性を考えておき、投資物件を探す必要があります。
不動産投資でも、購入したとたんに大災害での被害では、泣くに泣けません。
運もありますが、地震の上に住んでいるような日本ですので、できることは不動産投資でのしておき投資をする必要があります。
また、購入する物件の地域が過去に大きな災害がなかったかどうかも調べておく必要があります。
それも何百年単位でです。
熊本も400年前に同じような地震があったそうです。

フッ素コーティング剤で故障を防ぐ

大阪のお家の雨漏り修理、すぐに駆けつけます

ワンクリエイトの浴室塗装で清潔感をいつまでもキープ

こころの悩み解決します

故人様のお部屋片付け

最新記事