不動産投資とコンパクトマンション

不動産投資

不動産投資とコンパクトマンション

不動産投資とコンパクトマンション

最近は独身の世帯が増えているということですが、コンパクトマンションという独身世帯向けのマンションが増えているようです。
不動産投資でも重要な情報ですが、このコンパクトマンションでは、狭いということなどで住宅ローン控除が受けられない場合があります。
控除では床面積が50平米以上という条件があるので、それ以下のマンションは受けられないということになります。
この額が結構大きいので、その点は注意が必要です。
すべてのマンションで控除が受けられると考えていると不動産投資でも収益に影響が出てきます。
その他固定資産税でも特例が適用されなくなります。
その他登録免許税なども違ってきます。
その点も不動産投資でコンパクトマンションなどを利用する場合には気をつける必要があります。
税制面では、専門家に相談しながら進めていくということも方法のひとつです。
相談しておけばコスト面での失敗も少なくてすみます。
その点も物件探しでは重要な点です。